キャッシングの返済方法とは


お金が急に必要になると、まずはお金を用意すること、借りることばかり心配してしまいがちです。
ですが、実際には借りてからが問題です。
 
キャッシングをしたら、今度は返済をしていくことを考えなくてはいけません。
カードローンを利用する上で、きちんと認識しておかなくてはいけないのが、利息についてです。
 

利息とは


利息とは、お金を貸すことに対して付く、利用料のようなものです。
お金を貸す側の金融業者は、ただお金を貸すだけでは、もうけは出ません。
貸した金額に応じて利息をつけることで、金融業は利益を得ているのです。
ですので、利用する際には、この利息を頭に入れてキャッシングする必要があります。
 
利息は、その人の返済能力によって利率が異なります。
年収が多い人ほど利率は低く、収入が不安定な人ほど利率は高い傾向にあります。
借り入れ金額と利率と借入期間で利息は計算されます。
借りる金額が多く、借りている期間が長いほど、利息はどんどんと加算されていきます。
 

返済方法は?


カードローンの返済方法は、一般的に自分でキャッシュカードを使ってATMやキャッシュディスペンサーに預け入れる方法がとられます。
毎月、約定日が決まっており、その日までに借り入れ金額の全額もしくは一部を返済していきます。
借り入れ金額に応じて、最低の返済金額が決まっていますので、それはきちんと抑えておきましょう。
どうしても返済が難しい場合は、利息分だけでも返済しましょう。
でないと、罰金として利息がさらに高くなってしまうので、注意が必要です。



このページの先頭へ