まずは身内を頼りにしてみよう


現金が必要になった時、まずは身内を頼りにしてみましょう。
子供の頃は、親からお金をせびることは当たり前だったかもしれません。
ですが、大人ともなるとだんだんそのようなことも恥ずかしくなってきますよね。
ですが、やはりどうしてものときは、相談するしかありません。
きちんとした理由があったり、目的のある出費に必要なお金であれば
両親も納得してもらうことが出来るでしょう。
 
とはいえ、身内であってもきちんとお金を返さなくてはいけません。
身内であっても、そこは甘えてはいけないところですね。
身内からお金を借りてしまうと、返済に関しては一番曖昧になってしまいやすいです。
ですが、いくら身内とはいえ、お金がきっかけで縁が切れてしまうこともよく聞きます。
ですので、身内を頼りにしたときこそ、きっちり返済をしていきましょう。
 

友達に借りる


お金が必要になった時、友人などを頼りにする人もいますが、これは少し危険です。
身内と違うのは、やはり血がつながっているかどうかという点で、やはり信用度が異なります。
友人とは仲がいいから大丈夫、と思っていても、お金をなかなか返済できないと、それが理由で縁が切れてしまうこともあります。
自分のお金に対する怠慢さで、大事な友達を失くしてしまうのは非常に辛いことです。
ですので、友人を頼る前にまずは身内を頼るようにした方がいいでしょう。
 
ですが、逆に家族だからこそ知られたくないこともあります。
そのような場合、お金が必要になったらどうしたら良いのでしょうか。



このページの先頭へ